--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-30(Fri)

兄弟を比べながら育てると・・・

兄弟を比べながら子育てを行う親がいます。


実際に私の周りにもそういった親がいました。


お兄ちゃんのほうは、運動神経抜群、背が高くて、かっこ良く、かつ勉強もかなりできる。


これに対して弟のほうは、運動神経抜群(兄よりおとる)、背は低く、容姿は普通で、勉強も中の上くらいだった。


この兄弟の親は、弟に対していつも「やっぱりお兄ちゃんのほうが、何やってもできるわね」と言い続けました。


その結果どうなったでしょう?



その弟は、普通の子よりもかなり運動神経もよく、勉強もそこそこできる子であったにもかかわらず、非常に大きな劣等感(れっとうかん)・疎外感(そがいかん)を親によって植えつけられたのです。


  その子は、兄に対する劣等感と親から受け入れられていないという疎外感に、さいなまれ、自信喪失し、人間エネルギーの元である「感情」が失われてしまったのです。


私は最近、その弟に10年ぶりくらいに再会しましたが、全く感情の見えない無表情な顔つきで、無気力な状態でした。


このように子どもの能力ではなしに、親の接し方によって、その子の人生は大きく変わる可能性が高いのです。


子育てを行うときは、比べるのではなく一人ひとりの個性や良い点を認めてやり、公平に愛情を与えることが大切なのです。


スポンサーサイト
2007-11-20(Tue)

ある会社の取組み

これはある会社の取組みです。


その会社は新人を採用した場合、一定期間(3ヶ月だったと思う)合宿を行います。


その合宿は軍隊的な非常に体を酷使するサバイバル的なもので、大自然の中で多くのミッションをこなして行きます。


新人たちはこの合宿を通して、精神的にも体力的にも極限まで追い詰められた中で、お互いに協力しながらミッションを乗り越えていきます。


もちろん軍隊的ですから、理不尽な命令もなかにはあります。


このような経験をしてミッションを乗り越えた結果どのようなことが起こるでしょうか?


1点目は、この厳しい合宿を乗り越えたということで、少々のことでは動じなくなり、仕事をやめる新人の数が非常に少なくなるということです。


2点目には、精神的にも体力的にも極限の状態を乗り越えてきた中で、新人たちの間に絆(きずな)が生まれることです。


この結果同期の間に強い連携がうまれ、悩みを共有することで、いじめなどのストレスに対して非常に強くなります。


このように極限状態になると、見栄や虚勢、プライド、対人緊張感などが取り払われ、裸の心で触れ合い、ぶつかり合う中で、人と人との間に絆(きずな)が生まれていくのです。


こういった取組みを教育現場にもっと増やして欲しいと思います。


2007-11-10(Sat)

いじめは人間の本性?

ひとつの小さな水槽にネオンテトラなどの小さな熱帯魚をたくさん入れて飼育すると縄張り争いが起こり、必ず一匹がいじめられボロボロになって死んでいきます。


そして、その固体が死ぬと次に弱い固体がいじめられます。


倫理的にはいじめはあってはならない許されないことですが、人間は神ではなく動物です。


どうしても本能的なものを否定して生きていけるはずもなく、上記のネオンテトラのような状況は人間界のどこにでもおこることでしょう。


逆に私が危惧(きぐ)しているのは、学校教育などで異常に人権教育を推進し成功したとした場合、そういった教育を受けた人が社会に出た時にどうなるかということです。


会社や地域社会の中には、いじめが渦巻いています。


そのなかで人権がどうとかということを主張していて仕事や付合いができるでしょうか?


ますます現実社会になじまない、現実をさけ、葛藤をさけるニートが大量に増えてしまうのではないでしょうか?


いじめはあってはならないの観点でなく、どこにでもあるのでどのように対処するかを教えることが大切と思います。


社会には理不尽なことがあるということを学校教育で教え、その問題を解決していくことこそが社会に貢献できる人材を育成することにつながっていくのではないでしょうか


しかしいじめを肯定はできません。


多くの人が幸せに暮らせることが一番ですから、いじめを減らすための取組みは非常に重要です。



記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。