--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-11(Thu)

学級崩壊の原因となる子どもには社会的制裁を加える制度も必要ではないか?

学校の先生や大人をなめる子供が非常に増えています。


子どもたちで徒党を組み、教師を脅したり無視したりします。


そこには年長者を敬う心や組織の中のルールを守るといった道徳観倫理観が全く欠落しています。


学校の先生の指導力人間力不足だと批判する人もいるでしょう。


確かにそういった面はありますが、昔に比べて教師の権威(けんい)が地に落ちているのは明白です。


親が先生を馬鹿にし、それを見て子どもが先生を馬鹿にします。


子どものうちから権威や社会をなめきっていてロクな人間に育つわけがありません。


このような状態を抑止(よくし)するためにも、あまりにも目に余る子どもには社会的制裁を加えるべきだと個人的には感じています。


個人的には自衛隊に1ヶ月間体験入学させるのが良いと思います。


上官部下の関係の中で性根を叩(たた)きなおして再教育してもらうのです。


特に平和ボケしている日本人には韓国のように学生時分に1年間の軍隊生活を課すのも性根を叩きなおすカンフル剤となるのではないでしょうか?


この意見には多くの批判がよせられると思いますが、学級崩壊のある現状を放置することはあまりに危険で、国家崩壊の可能性をもっていると思います。


少し、言うことが過激(かげき)すぎたかもしれません・・・(反省)。。。


 

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。