--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-22(Mon)

国語力のあるなしが全教科の点数に影響を与えることを知っていますか?

これは私の実体験です。


私はもともと本を読むことが嫌いで、さらに中学校までは勉強もろくにせず他の教科の成績もいまひとつでした。


高校の2年生ごろから必死に勉強してそれなりの良い大学に合格できたのですが、受験勉強をしている中で気付いたことがあります。


それは知識的にはわかっているのに、つまらない勘違いでケアレスミスを連発してしまうということでした。


最初はなんだ簡単なケアレスミスだと軽く思っていたのですが、何度も何度もそのようなミスが起こります。


自分でおかしいと思って振り返ってみたところ、問題の内容理解力が低いということに気がついたのです。


どんなに知識があっても、問題の読み間違えをしていては得点は伸びません。


この事実に愕然(がくぜん)としながら、必死に国語の勉強や模擬テストなどで実践力を増してなんとか問題の内容理解力を向上させて合格できました。


今思うと国語力があるなしで各教科10点程度は影響があったと思います。


5教科の受験であれば50点の差になってしまいます。


これらのことから国語については小さいときから特に力を入れるべき教科といえると思います。


 

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。