--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-04(Sat)

子どもに食事をとるときのお行儀(ぎょうぎ)の良さやマナーを教えるときに気をつけたいこと。

子どもにお行儀よくマナーよくするようにしつけを行う時、理屈うんぬんでなくその行為を教え込む時期があります。


しかし子どもも大きくなると自分の納得いかないことは行動しないようになるので、行儀のよさを教え込んでも聞かないということがあります。


こうなると多くの親は「言うことを聞きなさい。」「こうでしょ。」といったように口うるさく指摘したり頭ごなしに命令したりしてしまいます。


子どもも親もこのやり取りに嫌気がさして、なにもかもいやになり無気力になることもあるでしょう。


このような場合では子どもに抵抗なく聞き入れさせる言葉かけが必要となります。


例えば、「そんな態度でご飯を食べていたら、お行儀の良いおばあちゃんが一緒にご飯を食べていたら、どんな気分になると思う?」という問いかけを行ってみましょう。


子どもが「気分が悪いと思う。」といったとしたら「そう思うならお行儀よく、気持ちよく食べましょう。」とこたえます。


逆に子どもが「わからない。」といったら、「たぶんお行儀の良いおばあちゃんは、嫌な気持ちになると思うよ。」とこたえましょう。


ここで大切なことは子どもに「しなさい」と命令するのでなく、「こうなったら、どう思う?」というように質問をなげかけて考えさせ、自発的に行動を強制させることです。


 

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。