--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-30(Mon)

子どもを操作してはいけないが、そうは言っても勉強させて高学歴にしたい方は、、、

子どもを親の思うように操作すると、子どもの思いと親の思いが乖離(かいり)(ギャップができること)してしまい、子どもの人格形成上あまりいい影響を与えません。


しかし、そうはいっても子どもに勉強して、いい大学に入って欲しいと思う人は非常に多いと思います。


そういった人に、いい話をお伝えしましょう。


こどもを勉強させるには、1つの点を押さえるだけで大丈夫です。


押さえる点は、結果(テストの点など)にとらわれずに、プロセス(実際に勉強している、努力している時)をほめることです。


もう一度言いますが、決して結果にとらわれてはいけません。


結果にとらわれると、どんなに努力して勉強しても、運悪く点数が悪ければ、ほめてもらうという報酬を得ることができませんから、努力することをしなくなってしまいます。


努力した時に、ほめることで人間の脳内に快楽物質が分泌(ぶんぴつ)されるので、ほめることで勉強することを努力する習慣がついてきます。


これを繰り返すことが大切なのです。


あとはきっかけ作り(動機付けです。)


何のために勉強するのかを考えさせたり、親が勉強するのを見て自然とモデリングしたり、まわりに勉強をがんばる友達がいるので一緒にがんばってみたり、、、色々な動機付けが考えられます。


親に言われるからとか、親のためにとか、親の価値観を押付けられての動機付けは、子どもの人生を破綻(はたん)に導いてしまいます。


この点を注意して、子どもが操作されていると感じないように自然に導くことが出来れば、特に問題もなく、高学歴の子どもを育てることが出来るでしょう。


しかし、子どもが高学歴になることを目的にしては、本末転倒となる可能性もあります。


くれぐれも幸せとは何かをかみしめながら、子育てに取り組んでほしいものです。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。