--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-14(Wed)

子どもをレールに乗せて育てる。

子どもをレールに乗せて育てる。


このことは子育てをする上で、非常に危険なことだと思います。


伝統ある家業を継がせるために、小さいうちから技術を覚えさせ、家業に関連した大学に行かせる。


どこかの家のように、家業が医者や歯科医であったとして、一族ほとんどが同じ仕事をしていて医者になるしか道が無いとプレッシャーを受け続けたとしたら・・・。


その子が、そのプレッシャーに耐え、それなりの大学に入ることが出来る能力があったとすれば、問題ありません。


しかし逆に医者の仕事が嫌いであったり、勉強が出来なかったり、プレッシャーに弱い子であったとしたらどうでしょう・・・。


ひどい親の中には、「家業を継げないような子はうちの子ではない」、とプレッシャーをかける親もいます。


その言葉を聞き続けて、洗脳された子どもが医者になれなかったとしたら、どうでしょう。


子どもにとって、親から「うちの子ではない」と言われることは、「人間ではない」「生きる価値が無い」といった言葉に聞こえる可能性が極めて高いです。


また、このような育て方をする親は、家業を継ぐこと以外は身につける必要がないように子どもを洗脳します。


全てを捨てて家業を継ぐためだけに生きて来て、それが実現しなかった時、子どもはどうなるでしょう・・・。


まさに死刑宣告を受けたようなものです。


絶対に、子どもに家業を継がせるために、洗脳を行ってはいけません。 子どもには子どもの意思があり、適性があるのです。


それを見守って、伸ばしていくのが親のつとめと思います。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。