--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-28(Thu)

小さな乳幼児の子育てで気をつけたいこと2

口に箸(はし)を加えたまま歩く子どもがいます。


それがどうしたの?と思う方もいるかも知れません。


しかし、これは非常に危険な行動なのです。


その子がコケた場合どうなるでしょう?


箸がのどに刺さってしまう危険性があります。


実際に、不幸にも亡くなられたケースもあります。


このようなことが無い様に、子どもがケガをしないよう十分に気をつけましょう。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

食べることは生きること

専門家からの観点ですが、先ず、乳幼児には箸を持たせないことです。「食べることは生きること」食については離乳食を始めた時から甘い果汁を与えてしまうと後々大変です。野菜の煮汁やだし汁から始めて歯が生えてなくとも茹でた堅い牛蒡などを突き出た大脳とも呼ばれる自分の手で持ってアム,アムと歯茎で噛ませる事から始めるのが好ましいです。咀しゃく力をつけ噛む力をつけると脳が活性化されます。また,噛むと唾液が出て虫歯予防にもなるのです。
記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。