--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-18(Tue)

あるテレビ番組の事例

これもいじめを少なくするために役に立つと思われる情報です。



ある売れないお笑い芸人が5名ほど集まり、制限時間内に非常にたくさんのドミノを並べきるという企画ものの番組でした。


ドミノですから、何度も何度も倒れます。


それを一定期間(3日間程度だったと思う)内にすべて並べなくてはいけません。


それもドミノの数は膨大な量です。


夜も寝ずにドミノを並べます。


中にはサボって寝る人もいます。


当然、切れて詰め寄る人もあれば、なだめる人もあります。


しかし、そんなことをしながらも作業を進めていかなければなりません。


いつしか、5人はお互いの悪口を言いたい放題言いだします。


人権無視のような言葉で何度もなじりあいます。


しかし3日目には、気力がつきはて無言のまま黙々とドミノを並べていきました。


そして3日目にドミノが完成し、一気にドミノを倒して5人は達成感を分かち合いました。



ここで面白いのは、この番組はその後の芸人たちにインタビューをしたことです。


その芸人たちが言うには、以前よりずっと仲良くなった。


いつもお互い一緒に行動するようになったというのです。



この番組を見てつくづく感じたのは、人間は殻を破ってぶつかりあった時にお互いを知ることができ、知ることで仲良くなることができるということです。


これを現実社会で味わうには、厳しい部活に入ることであるとか、会社のグループで難しい課題に全力であたるとか、被災地の救援にボランティアで行くとか、厳しいお寺の修行を受けることなどでしか味わうことは難しいと思います。


しかし、意図的にそのような環境を作り出せるとしたら、そこには大きな絆(きずな)が生まれることは間違いないでしょう。



いじめがあったときに、学校でそのような場作りがなされたなら、いじめはなくなるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

もう既にいじめが始まっている時にはいじめっ子がいじめられっ子のせいにしたりしてしまうかもしれません。自分もこの間他人の気持ちを知る,経験するという5年生の授業風景をある番組でやっていてAクンが給食の牛乳を忘れたけど,後で‥と思っていたところにBサンが「忘れていたよ!」と持ってきてくれたが,「後で取りに行こうと思っていたのに‥」とムッとして言います。交互に役を交代してみて,言われた人はいい気持ちにならないというのが殆どでした。此処で自分の中に疑問が2つありました。本当に一つの気持ちに皆がなれたとは信じられませんでした。やっぱりその日やろうと思っていた事を指摘されれば納得いかない事もあるだろうし,責任感があったからこそ少しだけど友だちに嫌な気持ちにさせる言葉だったかもしれないが言った。目的は素直に。と,友だちの気持ちを考える,だったが皆が同じ気持ちになることは有り得ないし,その方がおかしい。もっと深く考えを導きその想いもあるよね!と掘り下げて追求するべきだと思った。そこは譲れない想いが5年生なりにあってでも後で謝ったっていいじゃないか?教育は簡単ではなく,深いハズだと思う。
記事を一度に読みきれない方へ
最新記事
ランキング
プロフィール

マンモス

Author:マンモス
日々子どもと格闘を繰り返しながら、ブログに奮闘中。

ちょくちょく寄ってもらえると、すっごいうれしいです。

このサイトのねらい

このブログは子育てを行ううえで色々と悩んだり、どのように対応してよいかわからないといった方に、何かヒントになる可能性のある話題をお伝えしたいという一心で作成されているブログです。
特に力を入れているのは、子どもの問題行動(登校拒否・いじめ・非行)についての分析や対処、良き社会人となるための心得、子どもがおちいりがちな事故、精神病にならないためのメンタルヘルスの話などです。
このブログを通して自分自身の親子関係を見直しながら訪問者の方と一緒に親として成長していけたらいいなと思っています。
訪問者の方の中には私の意見に賛同できないという方もいらっしゃると思います。
意見がありましたらコメント欄に書き込んでください。

過去記事一覧
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お読みください

初めて訪問の方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。